テレポートンボ



霧の深い山でキャンプをしていた小学生が、トンボを追いかけているとその姿が突然、煙のように消えてしまったという。深い霧で姿が見えなくなった可能性も考えられる。

生息地・目撃地
栃木県
|2010.04.09|-|PAGE TOP ↑

チィリ



天池で度々目撃されている頭は牛、体は犬、口はカモ、腹が白く、背中は黒光りしていて、赤い毛の生えた怪獣。 2002年には20〜30頭の怪生物の群れが撮影されて、CNNがチャイニーズネッシーとして世界中に発信した。

生息地・目撃地
中国、北朝鮮の国境にある天池
|2010.04.09|-|PAGE TOP ↑

水怪



その名の通り、水に潜む怪しい生き物のことである。中国では水怪と呼ばれる怪物の話が各地で伝えられているが、その姿は竜のような姿のものや、巨大魚タイプのものなど、様々な種類が存在している。

生息地・目撃地
中国
|2010.04.09|-|PAGE TOP ↑

人面魚



かつて一大ブームを巻き起こした人の顔に似た顔面を持つ魚。最近ではインターネットの影響で韓国や中国でも人気者らしい。

生息地・目撃地
日本

|2010.04.09|-|PAGE TOP ↑

グレムリン犬



今から十数年前、人面犬が大ブームだった頃に私の通っていた小学校ではある謎の生物が噂になっていた。 それがグレムリン犬だ。グレムリン犬というのは顔が映画「グレムリン」に登場するモグワイ(化け物のような姿に変化する前の見た目は愛らしい状態の姿)そっくりの犬ということだった。グレムリン犬と同時期には、セル犬というドラゴンボールに登場したキャラクター「セル」の第一形態のような顔をした犬を見たという人もいて、人面犬の話のバリエーションが広がっていた。

当時、私はセル犬を見ることが出来なかったが、グレムリン犬の方は実際に目にすることが出来た。実際に目撃したグレムリン犬は、そこまで顔がグレムリンにそっくりというわけでも無かったのですが、確かに犬とは思えない奇妙な顔をしていて、小学生だった僕は非常に興奮しました。

後になって、グレムリン犬の正体はコアラだったんだという話が広がり、納得しちゃったのですが、大人になってから思い返すと、「コアラだったんだ。」なんて言われても全く納得はできません。

生息地・目撃地
協和町

|2010.04.09|-|PAGE TOP ↑

最新の記事

掲載UMA一覧

検索