トバ湖の怪獣



世界最大のカルデラ湖であるトバ湖で目撃された恐竜のような姿をした怪獣。当然のように恐竜の生き残りなのでは?と話題になったが、トバ湖が出来たのは恐竜絶滅よりも後である7万年前である(恐竜の絶滅は6500万年前)。もっとも、この理由から、恐竜の生き残りである可能性を完全に否定することは出来ない。何故なら、そもそも、恐竜が絶滅したのが6500万年前であるという説自体にも、異を唱えている学者もわずかではあるから存在しているからだ。恐竜はまだまだ未知の存在であるのだから、現状で有力視されている仮説を100パーセント信用してしまうのもまた危険である。

生息地・目撃地
トバ湖
|2010.01.15|-|PAGE TOP ↑
<< 15メートルの巨大ワニ モハモハ >>

最新の記事

掲載UMA一覧

検索