ブタ顔クマ怪獣



1988年、大分県の上戸次で運送業者がトラックではねてしまった動物は、ブタのような顔とクマのような足を持つ不思議な生物であった(身長は50センチほど)。はねられた時点では、その生物は生きていたが翌日には死んでしまったという。

生息地・目撃地
大分県
|2010.01.18|-|PAGE TOP ↑
<< 熊本の獣人 歌舞伎町の大ネズミ >>

最新の記事

掲載UMA一覧

検索